教えて欲しい!機械式時計のオーバーホール!

教えて欲しい!機械式時計のオーバーホール!

オーバーホールの主な作業内容

オーバーホールは、機械式時計がどの様な状態なのかを確認する作業から始まります。運針や操作性に問題がないかや、残留磁気の有無などがこの時にチェックされます。磁気帯びしている状態なら、機械体部品から磁気を取り除く脱磁と呼ばれる修理が必要です。コンディションのチェック後、ケースやストラップが洗浄された後、ムーブメントを分解する工程に入ります。機械体部品の洗浄や、汚れたり乾燥したりした潤滑油を取り除いて新たに注油するなどのほか、劣化部品の交換作業が行われるのが一般的です。更に精度調整や防水・防塵のためパッキン交換なども行われてからケーシングされ、オーバーホールのメインとなる工程は終了します。最終チェックがされればオーナーへ引き渡されますが、かかる日数は約4週間かそれ以上になるでしょう。

オーバーホールを依頼する業者と料金

オーバーホールはアイテムをリリースした時計ブランドで受け付けてもらえるほか、町の時計店へ依頼しても引き受けてくれます。一般の時計店でオーバーホールをする場合は、実績のある時計職人が在籍している店舗を選びましょう。オーバーホールの依頼では、まず見積もりを取るのが大切です。搭載されている機能によっても異なりますが、一般的に時計店では数万円から5万円前後、時計ブランドであれば5万円以上のメンテナンス料金がかかります。このため、自分が納得してからオーバーホールを行うと良いでしょう。見積もり後のキャンセルも受け付けてもらえますが、通常、見積もり料金のみ発生します。

高級時計と言えばスイス製というイメージがありますが、実は日本製の高級腕時計もあります。それが「グランドセイコー」です。1960年に誕生して以来、華美なデザインに走ることなく実用性を追求しています。