知っておきたい!機械式時計の手入れのポイント

知っておきたい!機械式時計の手入れのポイント

外装の手入れはきめ細やかに行うことが重要

機械式時計は、築いてきた歴史に実証された信用性と、デザイン性の優れた点から親しまれています。その上、クォーツ式とは異なって、パーツにおいて電子部品が活用されていませんので、仮にパーツがなくなっても時計師がハンドメイドし、修理できます。以上のように長い期間にわたって活用することができる機械式時計ですが、使い続けるためには、常日頃の手入れをきちんとすると望ましいです。毎日使用していると、外装が不衛生になってきます。こういった汚れは、長期にわたり放って置くと、汚い部分が取れにくくなってくるので、ソフトな布などでその度毎に衛生的にすることをおすすめします。

周期的なオーバーホールと研磨が大切です

機械式時計は、一定間隔でオーバーホールすることが求められます。機械で機能しているため、周期的に分解して、油を指すといったメンテナンスする必要があります。オーバーホールの基準は、5年ごとに一回です。丁度それぐらいでパーツを分解洗浄し、油を差すタイミングになるためです。こうしたオーバーホールに取り組むことで、内部の構造に掛かる負荷を緩和することができますので、長い期間利用することができるようになります。更に、長期にわたって利用していると、細かい傷ができます。そういったところを味があると感じ取る人は問題ないのですが、傷が気掛かりな人もいるでしょう。こういった人は、時計を研磨して貰うことをお奨めします。これに関しては、製造メーカーのアフターサービスで行ってもらうことができます。余程深い傷でない限り、新品と大差ない輝きを復活させることができるでしょう。

ウブロとはスイスの高級腕時計ブランドであり「異なる素材とアイデアの融合」をコンセプトにしています。また自動車会社とのパートナーシップ締結をしています。