街の中に緑を!壁面緑化による環境改善について

街の中に緑を!壁面緑化による環境改善について

建物に壁面緑化を施すメリットと管理に関する注意点

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせ、葉や枝を茂らせる行為を指します。植物の成長に伴い壁全体が覆われることで日光が遮断され、外気の影響を緩和する効果が得られるのが大きなメリットです。冷房の過剰な使用を抑えることが出来るので排熱量の減少に繋がり、都市部のヒートアイランド現象を防ぐことも可能になります。風雨による刺激も軽減されるので、外壁が傷みにくくなるのもメリットの一つです。

その一方で壁面緑化に用いる植物は害虫や病気によって枯れてしまうと見栄えが悪くなる他、枯れた葉や枝が飛散して周囲を汚損してしまうので管理を徹底する必要があります。また、葉や枝が増えすぎると配線や配管の設備に絡みついて破損してしまうこともあるので、適度に剪定するのも良好な状態を保つ工夫です。

街中での壁面緑化がもたらす影響と景観の維持について

街中にある建物に壁面緑化を施すと冷房の排熱によるヒートアイランド現象を軽減させることが出来ます。また、都市部に緑が生じることで景観が良くなり、小鳥などの小動物が集まりやすくなります。小動物が動く様子や壁面緑化に使用している植物の花を見ることでリラックス効果が得られるのも良い影響の一つですが、管理を誤ると植物が枯れてしまい、却って見栄えが悪くなるので注意が必要です。壁面緑化の状態を良好に保つためには水や肥料を正しい分量で与える他、病気の感染を防ぐために余計な葉や枝を取り除く作業が不可欠です。また、都市部は空気が汚れているので頑丈な品種の植物を選ぶのも壁面緑化を長持ちさせる工夫の一つです。

壁面緑化にする事で夏は涼しく冬は暖かく省エネやCO2の削減効果、騒音低減効果など様々なメリットがあります。